【2019】大筋は同じでもティムバートンらしさが詰まった「ダンボ」見所が満載すぎる【実写版】

ダンボ

ついに、3月29日にダンボの実写映画が公開されました。

物語りの大筋は、アニメ版と同じなのですが監督のティムバートンらしさが至る所にあってどんどん引き込まれる物語りでした。

しかも、アニメと実写で同じシーンがあるのですが登場の仕方が違ったりもするのでそれがまた違和感なく物語りに溶け込んでます。

実写版「ダンボ」を見た後は、アニメ版の「ダンボ」を見るとあれが違うこれが違うってところが色々あってより楽しめます。

ネタバレあるのでご注意下さい
【2019】ディズニー公開作品は観たい映画が多くて忙しい一年になりそうな予感!
2019年公開される映画作品をまとめてみました。 2019年多いなと思ったのが、リメイク作品や実写作品。ここ数年の流れと言う感じもありますが、これからもリメイクや実写化はまだまだ続く感じがします。 そんな中の「トイ・ストーリー4...
スポンサーリンク

ダンボと人間との物語り


一番大きな違いとも言えますが、アニメ版ではダンボの味方として常に一緒にいたネズミのティモシーの役を実写ではミリーとジョーの兄妹が代わりに演じてます。

ティモシーに関しては、ミリーがネズミを数匹飼ってる描写がありそこにティモシーらしきネズミがいるのですがはっきりと「ティモシー」とは言ってなかったように思います。そして、このネズミとダンボは全く関りをもちません。ちょっと残念。

サーカスにいた動物達はほぼいない

アニメ版には、ダンボがいるサーカスに様々な動物が登場します。そして、人間は団長と他はピエロになって数人登場してます。

しかし、実写には動物は象とミリーの飼ってるネズミ以外はほぼ(いや全くかな)出て来ません。

その動物達に変わってなのか、ある人は力持ちだったり、人魚だったり、蛇使いだったりと様々な人が登場します。

人間ばかりなので、アニメ版ではダンボは他の動物達から仲間外れにされるんですがそれがなく、実写では人間達から「なんだこの象は!」と言う感じでサーカスで使えない象と言われお客さんからも何も出来ない象と言う烙印を押されてしまいます。

動物対ダンボから人間対ダンボになってる感じでした。

アニメ版と実写版での大きな違いは「ドリームランド」

実写版の一番の大きな特徴として、サーカスが起業家のヴァンデヴァーに買収されサーカスのみんなで「ドリームランド」に行く事になります。

しかし、ヴァンデヴァー本当の目的は「ダンボ」のみと言うほんとなんて言うかもろ悪いやつです。

この「ドリームランド」ですが、遊園地とサーカスなどが一緒になっててここに行けばおもしろいものがなんでも詰まってる感じがしてなんかディズニーランドと似てると思ったのは私だけでしょうか。

特に「科学館」もあったりして、過去も現在も未来も見れる感じはほんとディズニーランドらしさを感じました。

そして、最後にあれ、これってピクサーボール??な物もありました。他にも、「んっ??」となんか見た事聞いた事あるものがちりばめられてたので見てて飽きないですよ。

まとめ

最終的には、初めは嫌な人だったのに最後にはこいつやるじゃん!と言う話になっていて別にいいんだけどなんだかなーって少し思ったり。

そして、最後はダンボとジャンボ(お母さん)はもともと居た場所に戻り他の象たちと出会います。どうやって、そこまで行ったのかとかツッコミどころは結構ありますがそこはそっとしておこうっと。

きっと一度は観た事のある「ダンボ」。そのダンボの世界感が、現代でも過去でもない不思議な時間軸にピタッと当てはまっている感じがしました。

それに加え、ティムバートンお得意のなんか不思議!なんか怪しい!と言う感じが合わさりアニメ版にはない空気感が漂う「ダンボ」に生まれ変わった気がします。

【ネタバレあり】久しぶりに感動して泣きそうになった映画「リメンバー・ミー」【あらすじ】
少し遅くなりましたが、2018年3月16日に公開された「リメンバー・ミー」を観てきました。 ディズニー映画で、泣く事はないと思っていたのに不意を突かれた感じで感動して泣きそうになりました。 最近、歳のせいか私の涙腺がゆるくなった...

コメント

タイトルとURLをコピーしました