【2017年11月】Dlifeワンダフルワールドオブディズニーの注目は「ディセンダント2」

ワンダフル ワールド オブ ディズニー

こんにちは。

今日は、Dlifeのワンダフルワールドオブディズニーの話です。

11月も、ほぼ実写映画と言う感じです。ただ、見た事のない作品が多いので嬉しいところ。

私が注目しているのは、「ディセンダント2」です。前作もおもしろかったので2も期待です。

【Dlife】12月のワンダフル ワールド オブ ディズニーはプーさんにベイマックス!
こんにちは。 早いもので、もう12月のワンダフルワールドオブディズニーの話です。一年ってほんとアッと言う間です。 ここ数カ月ワンダフルワールドオブディズニーは、実写映画が多かったので12月は久しぶりにアニメーション映画がたくさん...
スポンサーリンク

スパイアニマル・Gフォース

知的な頭脳と高度な戦闘技術を持つこのモルモット達は、最先端のハイテク・アイテムと最強のチームワークを武器に、日々悪と戦うエリート・スパイ集団<Gフォース>。そんな彼らが、邪悪な億万長者の陰謀を叩きつぶし、人類滅亡の危機を救うために、政府の最高機密ミッションに挑む。

Dlife ワンダフル ワールド オブ ディズニー

放送日時:11月5日(日)18:05〜

2009年作品。

この作品は、残念ながら私はまだ見た事がないです。

でも、こういう動物の実写物の作品は意外と好きだったりするので少し期待してます。見るのが楽しみ!

 

 

ディセンダント

ディズニー・ヴィランズの子どもたちが主人公のオリジナル・ムービー。悪名高き親を持つがゆえの葛藤や彼らの心の成長、友情、そして初恋を、圧巻の歌とダンスが彩ります。

Dlife ワンダフル ワールド オブ ディズニー

放送日時:11月12日(日)18:05〜

2015年作品。

ディセンダントは、本当におもしろいです。

初めて見る時は、そんなに期待せずに見たのですが世界観がしっかり作り込まれているし、何より設定がおもしろい。

ヴィランズ本人ではなく、ヴィランズの子供達がメインになってるお話しです。

そして、その子供達も初めは親の影響か悪役って感じなんですが物語が進むにつれなんか毒が抜けていく感じが少ししました。でも、そこがまたおもしろい。

ヴィランズ以外にも、ベルや野獣(王子様に戻ってます)やフェアリー・ゴッドマザーやその子供達も出てきます。

Dlifeでは、2017年8月にも放送されています。

 

ディセンダント2

晴れてベンの恋人となったマルは、正式に王室の一員となることへのプレッシャーに押しつぶされそうになり、現実逃避から、悪のルーツである生まれ故郷ロスト島へと舞い戻ります。しかし、マルの宿敵、アースラの娘ウーマがマルの後釜に座り、島を牛耳っていて・・・。

Dlife ワンダフル ワールド オブ ディズニー

放送日時:11月19日(日)18:05〜

2017年作品。

11/12放送の「ディセンダント」の続編です。

それにしても、2017年作品がこんなに早く見れちゃう事がとても嬉しい。

今回の「ディセンダント2」では、新しくアースラの娘とフック船長の息子とガストンの息子が登場するようです。

それにしても、ガストンはベルにフラれた後、町娘の三人組の一人と結婚したのでしょうか??それとも、まったく違う人と結婚したのでしょうか?少し気になります。

ティンカー・ベルと流れ星の伝説

好奇心いっぱいの動物の妖精フォーンは、暗闇の奥深くで目を覚ました大きな動物を見つけ、心を通わせます。ところが、護りの妖精ニックスが“すい星が来るとネバービーストが目覚め、激しい雷の嵐が襲う”という伝説があると女王様に警告して…。ピクシー・ホロウの危機を救うのはいったい誰?

Dlife ワンダフル ワールド オブ ディズニー

放送日時:11月19日(日)18:05〜

2014年作品。

「ティンカーベルと流れ星の伝説」は、Dlifeでは何度でも放送されているのでおなじみと言った感じですがティンカーベルのシリーズはおもしろいしカワイイしと言った感じで私は好きです。

ちなみに、Dlifeでは2017年5月2017年7月に放送されました。

 

11月もDlifeで、存分にディズニー映画が楽しめそうです。

【Dlife】3月のワンダフル ワールド オブ ディズニーは「ミクロキッズ」と「ザ・マペッツ」が気になる!【2018年3月】
2018年3月のDlife「ワンダフル ワールド オブ ディズニー」の注目は、「ミクロキッズ」です。 以前、TDLにあったアトラクションの「ミクロアドベンチャー」のモチーフになった映画なんです。残念ながら今は、クローズしてしまったアト...

コメント

タイトルとURLをコピーしました