【PIXAR】スノードームからどうしても出たい雪だるまの物語「ニックナック」

ピクサー短編

 

トイ・ストーリー公開の6年も前に作られていた「ニックナック」と言う作品。

スノードームに入っている雪だるま。少し不純な動機に見えますが、どうしてもスノードームから出たくなり出るために奮闘します。

この作品が、少しでも「トイ・ストーリー」に繋がっていると考えるととてもおもしろいです。それに、CGも現在の様にキレイではなく少し荒い感じがまた時代を表してる感じがして良いです。

【PIXAR】ピクサーの代名詞、電気スタンドとピクサーボールの短編「ルクソーJr.」
ピクサーでは、お馴染みの電気スタンドの「ルクソーJr」と星印が入っているボール「ピクサーボール(ルクソーボールとも言うらしいです)」。 この二つが登場する、短編作品の「ルクソーJr.」と言う作品があります。 公開は、1986年な...
スポンサーリンク

あらすじ

棚の上に置いてあるおもちゃ達。みんな、サングラスをかけていてバカンスを楽しんでるかの様にみんな楽しそうに踊っていたりしながら過ごしていた。

そんな中、隣にはスノードームに入っている雪だるまがいた。雪だるまは、楽しそうにしていてるみんなを見ていると、サングラスをかけた水着の女の子においでよと言わんばかりに誘われる。

しかし、雪だるまはスノードームのガラスが邪魔で行く事が出来ない。ガラスを叩いてみたり、爆破してみたりするが全くガラスを割る事が出来ない。そんな、雪だるまをみんな心配そうに見ていた。

爆破した勢いで、スノードームが棚から半分出ている事に気づいた雪だるま。下を覗いていると重さで、棚から落ちて行く。

これで外に出られると、雪だるまは緊急脱出用の穴から出ていき水槽の中へ落ちる。

水槽に落ちた雪だるまは、周りを見渡し人魚の恰好をしたサングラスの女の子がいる事に気が付く。近づこうとしたその瞬間、出たはずのスノードームが落ちてきて再び雪だるまはスノードームの中に戻ってしまった。

作品情報

1989年公開作品。

監督は、ジョン・ラセターさん。

「ニックナック」本編の前に、”この作品は、トイ・ストーリーの全米公開の6年前1989年にこの短編映画は制作された”とのテロップが出る。

Dlifeでも2018年3月に「ピクサー・ショート・フィルム」で「リフテッド」の放送がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました